だ液検査

はじめに

だ液検査虫歯の発症には、次の3大要因が大きく関与しています。
①細菌:ミュータンス菌、乳酸菌など
②基質:砂糖、炭水化物
③宿主:歯の質、歯並び、唾液の性状、全身疾患など
従って、これらのいづれかをコントロールすれば虫歯を予防することが出来ます。そのためには、どの項目に弱点があるかを調べる必要があります。すなわち、唾液検査(サリバテスト)を行うことで、虫歯に関する原因因子を調査し、現在の虫歯の活動状況や、今後虫歯に罹患する危険性などを推測する目安とし、それに対する対策を講じます。

 

検査をお勧めする対象者

虫歯予防のための唾液検査は、特に次の様な方にお勧めします。
①5歳以上の小児
乳歯から永久歯に交換する時期に虫歯は多発します。この時に萌出したばかりの幼弱永久歯の虫歯予防を行うことが将来的に重要になります。
②妊娠中の女性
ご自分の虫歯予防に加えて、出産されるお子様の虫歯予防は、妊娠中から進めることがより効果的です。
③歯周病の進行した成人
歯周病により歯根の露出が進行した方は、歯根面う蝕が発生し易くなります。

 

検査に際しての注意事項

検査を行う前には次のことを注意して下さい。
① 抗生剤を服用している方は、検査事前にお申し出下さい。
② 検査前12時間以内に、アルコールを含んだ殺菌剤配合の洗口液で口をゆすがないでください。
③ 検査前1時間は飲食・喫煙・歯磨きをしないでください。
④ 検査前に運動をすると唾液の分泌が減りますので、なるべくさけて下さい。

 

唾液検査は簡単・短時間もちろん痛くありません!!

まず、イスにリラックスして腰掛けた状態で、味のついていないガムを噛みながら、静かにだ液を出します。(5分間)

だ液検査 ミュータンス菌 ラクトバチラス菌 検査1 あなたのだ液の量はどれくらい??
だ液が多く出るほど… 
①口の中の食べ物を早く洗い流します。
②歯の質を強くします。
③抗菌作用がはたらきます。
検査2 あなたのだ液の中和力はどれくらい?
食後の歯がとけやすい環境から、どれくらい早く通常の状態に戻るのかがわかります。
(検査用紙が5分後に何色になっているか調べます。)
検査3 あなたのむし歯菌の数はどれくらい?